がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
部位別がんの治療費
胃がんの治療費 肺がんの治療費 大腸がんの治療費 肝臓がんの治療費 乳がんの治療費
乳がんの治療費

qol-station

乳がんの治療では切除手術を基本としつつ、できる限り切除範囲を小さくする工夫がなされています。再発予防のための放射線治療や抗がん剤治療を含めた集学的な治療が普及し、患者さんの選択肢も広がっています。最近では、手術の前に抗がん剤でがんの患部を小さくしておいてから、切除する範囲を小さくする治療も普及し始めています。
手術後、長期に亘り(5−10年)ホルモン療法を行うことも乳がん治療の特徴です。
ホルモン療法については、さまざまなタイプの薬剤が普及し、新しい薬剤の臨床試験も進んでいます。ただ、この治療はすべての方が選択できるわけではなく、事前の検査でホルモン療法が有効な(「感受性」が高い)方のみが対象となります。
また、分子標的薬トラスツズマブ(商品名「ハーセプチン」)が乳がんの抗がん剤治療で重要な地位を占めるに至っています。しかし、この抗がん剤も治療を希望するすべての患者さんに有効なわけではありません。概ね20−30%の患者さんが治療対象になります。

以下では、乳がんの治療選択肢のうち、1)早期がん患者を対象として温存手術後に放射線照射・抗がん剤治療(ホルモン療法を含む)を併用する治療と、2)進行がん患者を対象として術前抗がん剤治療後に手術、その後放射線照射・抗がん剤治療(ホルモン療法含む)を併用する2つの治療を取り上げます。トラスツズマブの使用が治療費に大きな影響を与えるため、2つの事例それぞれについて、トラスツズマブを使用しない場合とする場合に分け、合計4つの事例について治療費の構造と概算費用、および自己負担額の目安について解説します。
図中の(周)は周術期の治療費、(検)は定期検査の費用、(抗)は抗がん剤治療費、(ホ)はホルモン療法の費用を示し、そこには入院費も含まれています。自己負担額については、周術期、同時期を除く1年目、2年目以降に分けて示しています。高額療養費制度が使える場合には必ず利用するものとし、70歳未満・一般世帯の所得水準であることを前提に計算しています。差額ベッド代は一切含んでいません。
1年目の定期検査は、周術期治療や抗がん剤治療が終了した後に行うものをいい、各治療を行っている最中の検査費用は周術期治療費、抗がん剤治療費、あるいはホルモン療法治療費に含まれています。お示しした事例では、すべて5年間ホルモン療法を利用することを想定しているため定期検査の費用が明示されていませんが、検査を行わないわけではないことにご注意ください。
最後に、抗がん剤の治療費については、患者さんの体重や身長により抗がん剤の使用量が変わるため、その治療費には差が生じることに併せてご注意ください(本サイトの「抗がん剤の治療費」参照)。

【乳がん:温存手術・術後再発予防抗がん剤・放射線治療費構造@】

【乳がん:温存手術・術後再発予防抗がん剤・放射線治療費構造@】

この治療では、温存手術に先立ち先進医療であるセンチネルリンパ節生検を行います。同検査によりセンチネルリンパ節への転移がないことが確認できれば、リンパ節の切除(「郭清(かくせい)」といいます)は不要になります。その結果、手術後のリンパ浮腫発生リスクを回避することができます。
さて、手術後、再発予防のために放射線照射、さらに抗がん剤治療(ECとパクリタキセルの併用。詳しくは本サイトの「抗がん剤の治療費」のうち「乳がんの抗がん剤治療」をご参照ください)を行います。抗がん剤治療終了後、事前の検査からホルモン剤の効果が期待できる場合、ホルモン療法に入ります。期待できない場合、ホルモン療法は不要です。上の例では、2種類のホルモン剤を組み合わせた(タモキシフェンとリュープロレリン)ホルモン療法を行うものとして治療費を計算しています。 1年目の自己負担額は53万円(うち周術期に9万円)となります。抗がん剤治療、放射線治療、およびホルモン療法については外来で行うことを想定しています。ただ、抗がん剤治療の開始当初は、患者さんへの副作用を観察するために入院治療とする医療機関もあるようです。

【乳がん:温存手術・術後再発抗がん剤・放射線治療費構造Aトラスツズマブ使用】

【乳がん:温存手術・術後再発抗がん剤・放射線治療費構造Aトラスツズマブ使用】

トラスツズマブの効果が期待できる患者さん(Her2陽性)の場合、手術後の再発予防抗がん剤治療に同剤を加えます。そのため治療費の総額は跳ね上がります。しかしながら、上図のとおり高額療養費制度をきちんと活用することにより、トラスツズマブを使うことで増加する1年目の自己負担額は10万円強で収まるはずです。

【乳がん:手術前薬物療法・手術・術後放射線治療費構造@】

【乳がん:手術前薬物療法・手術・術後放射線治療費構造@】

この治療法はやや進行した乳がん(Va期)に対し、抗がん剤で腫瘍を小さくし、その後切除、放射線照射、ホルモン療法を行うものです。手術前の抗がん剤治療として、3ヶ月間EC(エピルビシン+シクロホスファミド)、その後3ヶ月間のパクリタキセルによる治療と合計6ヶ月間の術前治療を想定しています。
1年目の自己負担額は55万円、2年目以降はホルモン療法と定期検査のみになります。勿論、再発や転移がないことが前提です。

【乳がん:手術前薬物療法・手術・術後放射線治療費構造Aトラスツズマブ使用】

【乳がん:手術前薬物療法・手術・術後放射線治療費構造Aトラスツズマブ使用】

手術前後の抗がん剤治療にトラスツズマブが加わると治療費総額が高くなります。トラスツズマブを使わない場合と自己負担額を比較すると、1年目で6万円、2年目で18万円増加します。しかし、高額療養費制度の活用により自己負担額の増加はかなり抑えることができます。

トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。