がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
部位別がんの治療費
胃がんの治療費 肺がんの治療費 大腸がんの治療費 肝臓がんの治療費 乳がんの治療費
肝臓がんの治療費

肝臓がんの治療選択肢は、肝臓の障害度により決定されます。肝臓の障害度は腹水の有無や血液検査の結果をもとにA、B、Cの3段階に分類されます。Cが最も障害度が高いものです。
肝障害度A、Bの治療選択肢には、切除手術に加え、重粒子線治療、ラジオ波焼灼療法、経皮的エタノール注入療法、肝動脈塞栓療法、および肝動注化学療法があります。肝障害度Cの場合、診療ガイドラインでは生体肝移植か緩和医療しか選択肢はないとされていますが、実際には、手術が可能でかつ患者さんのメリットになると判断される場合には手術が、あるいは新しい抗がん剤治療が推奨されることがあります。
このうち肝障害度A・Bの方に対する肝動脈塞栓療法および肝障害度Cの方に対する生体肝移植の治療費については、本サイトの「注目される治療方法とその治療費」の中の「血管内治療」と「生体肝移植」をそれぞれご参照ください。また、肝障害度Cの方に対する緩和医療の治療費につきましては、本サイトの「緩和医療の治療費」をご参照ください。

以下では、肝臓がんの治療選択肢のうち、ラジオ波焼灼療法、経皮的エタノール注入療法、および肝動注化学療法について、治療費の構造と概算費用、および自己負担額の目安について解説します。
図中の(周)は周術期の治療費、(検)は定期検査の費用、および(抗)は抗がん剤治療費を示し、そこには入院費も含まれています。自己負担額については、周術期、同時期を除く1年目、2年目以降に分けて示しています。高額療養費制度が使える場合には必ず利用するものとし、70歳未満・一般世帯の所得水準であることを前提に計算しています。差額ベッド代は一切含んでいません。
1年目の定期検査は、周術期治療や抗がん剤治療が終了した後に行うものをいい、治療中の検査費用は周術期治療費や抗がん剤治療費に含まれています。
最後に、抗がん剤の治療費については、患者さんの体重や身長により抗がん剤の使用量が変わるため、その治療費には差が生じることにご注意ください(本サイトの「抗がん剤の治療費」参照)。

【肝臓がん:ラジオ波焼灼療法の治療費構造】

【肝臓がん:ラジオ波焼灼療法の治療費構造】

ラジオ波焼灼療法は、肝臓がんの患部に直接ハリを刺し、そこに電気を流してがんを焼き切る治療法です。周術期の治療費について高額療養費制度が利用できます。
自己負担額は初年度15万円(うち周術期に9万円)、2年目以降は毎年6万円程度です。 定期検査は治療後もずっと毎月行います。これは、B型肝炎もしくはC型肝炎から肝臓がんになる方が多く、そうした患者さんについては、一度治療を行っても再度肝臓の別の場所にがんが発生することが頻繁に見られるために常にモニターしておく必要があるためです。

【肝臓がん:経皮的エタノール注入療法の治療費構造】

【肝臓がん:経皮的エタノール注入療法の治療費構造】

経皮的エタノール注入療法とは、肝臓がんの患部に注射針を刺し、そこに高純度のアルコールを注入してがん細胞をたたく治療法です。治療費の構造、自己負担額ともラジオ波焼灼療法とほぼ同じです。

【肝臓がん:動注化学療法の治療費構造】

【肝臓がん:動注化学療法の治療費構造】

肝動注化学療法では、まず入院して抗がん剤を定期的に患部に送るための器具(リザーバーといいます)を身体に埋め込む手術をします。この手術のために通常1週間程度入院します。その後、外来で抗がん剤治療(シスプラチンとフルオロウラシル併用)をします。
先に述べた2つの治療法に比較して周術期の自己負担額が2倍弱になっていますが、その理由はリザーバー設置に1ヶ月、その後の抗がん剤外来治療に20日近くかかり、2ヶ月にまたがって高額な治療費が発生するためです。

肝臓がんになった方の多くはC型肝炎やB型肝炎にも感染しており、その割合は90%以上といわれています。肝炎に感染している場合、上記のような治療後、肝臓内にがんが再発することがあります。その際には冒頭に示した選択肢の中から患者さんの状態に合った治療を繰り返します。実際に、肝臓がんが再発してラジオ波焼灼療法を2回あるいは3回行ったという方も珍しくなく、周術期の治療費が再発のたびに繰り返し発生します。
なお、肝炎にかかっている方はがん治療と同時に肝炎治療も継続する必要がありますが、肝炎治療については手厚い公的な助成制度があります。その助成制度を活用するとがん治療の費用負担を軽減することが可能になります。B型またはC型肝炎の患者さんでがん治療を開始することになった方は、必ず市区町村の窓口にて、利用可能な助成制度についてご相談することをお勧めします。

トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。