がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
治療費の自己負担額
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
脱毛のケアと対策
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
がんを経験した方が加入できる保険(2013年8月1日現在)

一般論として、病気になり治療を継続している方は、医療保険やがん保険に加入できません。特にがんになった経験のある方は、再発の恐れがないといわれる「5年生存」をクリアした後でも、今まではがん保険に加入できませんでした。

しかしながら、ここ数年の間に保険会社が相次いで新商品を投入してきました。ここでご紹介する商品は、がんになった経験のある方でも一定期間がんの治療や投薬等がない状態が続いた場合に加入可能となるものです(一部の商品は治療・投薬中でも加入できます)。その意味で画期的な商品ばかりです。

■ 保険に加入できる期間

ほとんどの商品が「5年経過」した場合を条件としていますが、「2年経過」や「現在治療中」でもOKという商品も見られます。

@ 2年経過を条件としている商品
2年経過を条件としているのが、アメリカンホームの『みんなのほすピタル緩和告知型ガン保険』です。この商品の特徴は、“がんを経験した方も入りやすいがん保険”ということです。セコム損害保険の『自由診療保険メディコムワン』は乳がん罹患者だけを対象にしていますが、アメリカンホームの『みんなのほすピタル緩和告知型ガン保険』は全てのがん罹患者が対象ですので、多くの方に広く加入いただける可能性がある商品となっています。
A 現在治療中でも加入できる商品
医療保険で唯一、現在治療中でもご加入いただきやすいのが、エース損害保険の「まかせて安心医療保険」です。当商品は、保険に加入してから一定期間に手術や入院による治療がなければ、外来の抗がん剤治療や免疫細胞治療、あるいは再発防止のためのホルモン療法等を行っていても、がん治療がない状態にあると見なす方針をとっています。そのため、がんが再発・転移等した場合の保険金を受け取ることができる確率が高くなります。他の商品が外来の抗がん剤治療等はがん治療と見なす方針をとっているのとは異なります。

ここでご紹介させていただいている保険商品は、大きく2つのタイプに分けられます。保険加入に際に記入する「告知書」の健康状態に関する告知が3〜5項目の「引受基準緩和型(または限定告知型)」の保険、告知が必要ない「無選択型」の保険です。

■ 引受基準緩和型の保険

「引受基準緩和型」の保険は、持病や既往症など“すでに罹患している病気の悪化をカバーする”点が最大の特徴です(契約前に医師から入院・手術をすすめられていた場合を除く)。しかし、気をつけていただきたいデメリットもあります。「引受基準緩和型」の保険は、契約日から1年間は保障(補償)額が半額に減額されてしまいます。また、一般の保険よりも告知いただく項目を少なく(限定)して引受の基準を緩和しているために、一般の保険と比べて保険料が割増されています。

■ 無選択型の保険

「無選択型」の保険は、健康状態に関する告知の必要がなく、“年齢条件に当てはまれば健康状態でお断りをすることがない”点が特徴です。しかし、デメリットもあります。「無選択型の医療保険」は、病気での入院・手術が契約日から90日を経過しないと補償の対象となりません。また、契約前に発症した病気(既往症)の悪化による入院・手術などは、契約日から2年91日経過しないと補償されません。「無選択型の終身保険」は病気で死亡された場合、契約日から2年経過しないと死亡保険金は支払われません(2年以内の病気による死亡の場合は、既払込保険料が支払われます)。また、無選択型の保険は、引受基準緩和型の保険よりも保険料が高くなっています。

このように「引受基準緩和型」や「無選択型」の保険はメリットデメリットが並存しています。保険加入前には十分なチェックを行い、保険商品の仕組みをよく理解して加入の判断をしていただくことをお勧めします。

保険の
種類
保険会社名 保険商品名 タイプ 保険
期間
加入条件 保障(補償)の条件
加入可能
年齢
がん治療の経過年数およびがん特定の告知(他の告知事項もあり) 既往症の保障(補償) 待機期間および削減期間等
がん保険 アメリカンホーム みんなのほすピタる緩和告知型ガン保険終身型 引受基準緩和型 終身 20〜80歳 過去2年以内にがんと診断されていないこと。過去2年以内にがんで入院、手術を受けていないこと 既往症が再発・悪化した場合でも保険金をお支払いします 契約日から1年間は、お支払いする保険金の額が50%に削減されます
セコム損害保険 自由診療保険メデイコムワン - 5年 20〜65歳 女性で、初めてかかったがんが乳がんである方。その後、乳がんの再発・転移や新たながんにかかっていなく、現在「がん所見なし」で入院中でないこと。手術日から一定期間経過していること(ステージによって経過期間は異なる。ステージ0:6ヶ月超〜ステージW:6年超) 既往症が再発・悪化した場合でも保険金をお支払いします 契約日から90日の待機期間があり、この間に診断確定された場合は補償されません
医療保険 メディケア生命 メディフィットRe 引受基準緩和型 終身 20〜85歳 過去5年以内にがんで入院、診察、検査、治療、投薬をうけていないこと。 既往症が再発・悪化した場合でも給付金・保険金をお支払いします 契約日から1年間は、お支払いする給付金(保険金)の額が50%に削減されます
アクサ生命 OKメディカル 引受基準緩和型 終身 20〜75歳 過去5年以内にがんで入院、手術を受けていないこと。現在がんで、診察、検査、治療、投薬をうけていないこと
アフラック もっとやさしいEVER 引受基準緩和型 終身 30〜85歳 過去5年以内にがんの診断確定、治療、投薬をうけていないこと
アメリカンホーム みんなのほすピタる終身型(引受基準緩和型医療保険) 引受基準緩和型 終身 30〜80歳 過去5年以内にがんと診断されていないこと。過去5年以内にがんで入院、手術をうけていないこと
オリックス生命 キュア・サポート 引受基準緩和型 終身 20〜80歳 過去5年以内にがんで入院、診察、検査、治療、投薬をうけていないこと
AIG富士生命 ゴールドメディ・ワイド 引受基準緩和型 終身 40〜80歳 過去5年以内にがんと診断されていないこと。過去2年以内に入院、手術をうけていないこと
エース損害保険 まかせて安心医療保険 無選択型 5年 16〜70歳 現在がん治療を受けていても、保険加入可 「病気の補償開始日」からその日を含めて2年以内(契約日から91日目から2年90日まで)に既往症で入院・手術のいずれもしていない場合は、その後(契約日から2年91日以降)に既往症が再発・悪化した場合でも保険金をお支払いします 病気に関する補償は、契約日から91日目以降に発病した病気による入院や手術が対象になります
終身保険 アクサ生命 OKライフ 引受基準緩和型 定期 20〜75歳 過去5年以内にがんで入院、手術を受けていないこと。現在がんで、診察、検査、治療、投薬をうけていないこと。 既往症が原因で死亡された場合でも保険金をお支払いします 契約日から1年以内に死亡された場合には、お支払いする死亡保険金の額が50%に削減されます(災害死亡を除く)
オリックス生命 ライズ・サポート 引受基準緩和型 終身 20〜80歳 過去5年以内にがんで入院、診察、検査、治療、投薬をうけていないこと
AIG富士生命 持病があっても!終身保険(引受基準緩和型終身保険) 引受基準緩和型 終身 40〜80歳 過去5年以内にがんで診察、検査、治療、投薬をうけていないこと
持病があっても!終身保険(無選択型終身保険) 無選択型 終身 40〜80歳 現在がん治療を受けていても、保険加入可 2年経過後に既往症が原因で死亡された場合でも保険金をお支払いします 契約日から2年以内に病気によって死亡された場合には、既払込保険料相当額をお支払いします
アフラック 終身保険どなたでも 無選択型 終身 40〜80歳 現在がん治療を受けていても、保険加入可

商品名をクリックいただくと、ニッセンライフのホームページより資料請求することができます。

なお、「引受基準緩和型」や「無選択型」の保険加入をご検討されたい方は、『保険の電話相談サービス』をご利用下さい。
複数の保険会社の商品の中から、ご加入いただける可能性がある商品をアドバイスしてくれます。

がんを経験した方が加入できる保険(2013年8月1日現在)   FQAから学ぶ民間保険の活用   保険の個別相談(ひとり、ひとりに合った保険探しと活用方法)
トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。