がん治療費.com
がん治療費.comは、部位・進行度に合わせて治療費がどのくらい掛かるのかを簡単に計算できるサイトです。
トップページ
注目される治療方法
放射線治療
免疫細胞療法
血管内治療
生体肝移植
子宮頸がんワクチン
治療効果の見方
部位別がんの治療費
抗がん剤の治療費
5大がんの治療費
その他の治療費
がんの検査にかかる費用
緩和医療(緩和ケア)の治療費
公的保険と高額療養費
治療の相談と決定(セカンドオピニオン)
リンパ浮腫の予防と治療
このサイトの使い方
お役立ちリンク集
運営者について
民間保険の活用と相談
Best 啓発サイトアワード2010年 がんがわかるWEB大賞 より良く生きるための情報部門 -大賞-
このサイトで掲載している情報は、患者さん、そのご家族・ご友人による個人的な利用および病院・診療所関係者(医師・看護師等)による患者さんのための利用を除き、企業・法人・団体等がその顧客、会員、構成員、あるいは将来顧客・会員・構成員獲得のために印刷・配布 することをお断りします。

乳がん Vb期ステージでの治療方法と治療費です。

薬物療法
治療概要
拡がったがん病変を注射用抗がん剤(パクリタキセル+トラスツズマブ)で治療します。ホルモン剤も使います。患者さんの状態・薬の効き方によっては他の抗がん剤を使うこともあります。詳しくは、「乳がんの抗がん剤治療費」をご参照ください。
初期治療 薬物療法
補助療法 -
治療費総額
治療費総額 3,869,060円
くわしくはこちら
 
手術前薬物療法+手術+放射線療法(手術前抗がん剤:EC+パクリタキセル+トラスツズマブ)
治療概要
手術の前に抗がん剤(EC+パクリタキセル+トラスツズマブ)でがん病変を小さくし、がん病変のある全乳房を切除、その後再発予防のために放射線を照射し、トラスツズマブ(1年間)とホルモン剤(5年間)の治療を行います。
初期治療 乳房切除手術
補助療法 全乳房照射
薬物療法
治療費総額
治療費総額 6,638,070円
くわしくはこちら
 
手術前薬物療法+手術+放射線療法(手術前抗がん剤:EC+パクリタキセル)
治療概要
手術の前に抗がん剤(EC+パクリタキセル)でがん病変を小さくし、がん病変のある全乳房を切除、その後再発予防のために放射線を照射し、ホルモン剤(5年間)の治療を行います。
初期治療 乳房切除手術
補助療法 全乳房照射
薬物療法
治療費総額
治療費総額 3,920,630円
くわしくはこちら
 
手術前薬物療法+乳房温存手術+放射線療法(手術前抗がん剤:EC+パクリタキセル+トラスツズマブ)
治療概要
手術の前に抗がん剤(EC+パクリタキセル+トラスツズマブ)でがん病変を小さくし、乳房を部分切除、その後再発予防のために放射線を照射し、トラスツズマブ(1年間)とホルモン剤(5年間)の治療を行います。
初期治療 乳房部分切除手術
補助療法 全乳房照射
薬物療法
治療費総額
治療費総額 6,687,990円
くわしくはこちら
 
手術前薬物療法+乳房温存手術+放射線療法(手術前抗がん剤:EC+パクリタキセル)
治療概要
手術の前に抗がん剤(EC+パクリタキセル)でがん病変を小さくし、乳房を部分切除、その後再発予防のために放射線を照射し、ホルモン剤(5年間)の治療を行います。
初期治療 乳房部分切除手術
補助療法 全乳房照射
薬物療法
治療費総額
治療費総額 3,970,550円
くわしくはこちら
 
薬物療法+放射線療法(抗がん剤:抗がん剤:EC+パクリタキセル+トラスツズマブ)
治療概要
抗がん剤(EC+パクリタキセル+トラスツズマブ)治療後、放射腺照射、その後ホルモン剤による治療を5年間行います。
初期治療 薬物療法
全乳房照射
補助療法 薬物療法(ホルモン剤)
治療費総額
治療費総額 5,927,530円
くわしくはこちら
 
薬物療法+放射線療法(抗がん剤:抗がん剤:EC+パクリタキセル)
治療概要
抗がん剤(EC+パクリタキセル)治療後、放射腺照射、その後ホルモン剤による治療を5年間行います。
初期治療 薬物療法
全乳房照射
補助療法 薬物療法(ホルモン剤)
治療費総額
治療費総額 3,210,090円
くわしくはこちら
 
トップ注目される治療方法治療効果の見方部位別がんの治療費抗がん剤の治療費緩和医療(緩和ケア)の治療費治療費の自己負担額治療の相談と決定
リンパ浮腫の予防と治療このサイトの使い方お役立ちリンク集運営者についてサイトマップ
2008 株式会社 医業経営研究所 All Rights Reserved.
このサイトの検索に伴い表示される計算結果、および抗がん剤の治療費部分については無断掲載を禁止します。
また免責事項については、このサイトの使い方をご覧ください。